日本七宝作家協会

 

最新情報 公開項目 展覧会 上位入賞者 協会の歩み

 

 

第45回 日本七宝作家協会国際展 選評
文部科学大臣賞
作品:雨滴(あめしずく) 金子 昭夫
選評:審査員 永井鐵太郎 (日展理事・現代工芸常務理事)
 銀箔にて、水面に落ちる雨滴で出来る水紋の間の妙に着目して、わずかな金箔と色釉薬が彩りを効果的に表現している。雨間の一刻に想いを馳せ、リズム感と叙情を感じさせる、詩的な時間を表現した作品となっている。音と色彩のハーモニーは私たちを楽しませてくれる秀作である。

造幣局理事長賞

作品:3.11.宙と地の出来事 村上 博子

選評:審査員 櫻井 鶴也 (公社)日本七宝作家協会顧問

 この作品は自然の中から造形的な面白さをかもし出して、発想・デザインが素晴らしい。デザインの動きをホーロー釉の書き割り技法により、太い線と細い線で動きを感じる。宙の円形のメインは、モザイクを焼き付けて、非常に情熱のこもった作品です。



日本七宝作家協会会長賞
作品:Okhotsk club  天野 幸一
選評:審査員 飯野 一朗 (東京芸術大学教授)

 この作品は、有線を巧みに使いわけ、海底の蟹を詩情あふれる色彩で表現している。全体を融点の違う釉薬を混ぜ合わせ表し、厳しい自然環境の中での強い生命力を感じさせ、奥深い趣がある。

審査員特別賞
作品:花風   竹田 道子
選評:審査員 白幡 明 (社)日本工芸会理事

 丸型の多い合子のなかで、小判型の合子、てっせんを一輪配したデザイン。まず形状が眼を引いた。そして色使いも上品で無理をせず、素直に造られた作品であろう。合子のサイズに対し、花の大きさも丁度良く、好感の持てる佳品となった。欲を言えば、覆輪を「けし」にするともっとよくなるだろう。

公益社団法人 日本七宝作家協会
〒167-0073 東京都新宿区百人町1-19-13淺川ビル6F
Tel 03-3367-3587・Fax 03-3367-3557
shippou@circus.ocn.ne.jp

Copylight (C) 2006 Japan Enamelling Artist Association